京都にはバイアグラを扱っている医療機関が多い

必ず医療機関から購入することが大切です

また服用方法についても注意点があり、お茶又はジュースなどの清涼飲料水で服用が可能ですが、牛乳やグレープフルーツジュースでは飲むことができません。
有効成分のシルデナフィルクエン酸の吸収を妨げる可能性があり、十分に効果を発揮することができないからです。
さらにすべての人が服用できるわけではなく、肝機能障害がある人、過去に心筋梗塞を起こした人、血圧に異常がある人は服用することができません。
京都の泌尿器科では既往歴などをしっかりと把握したうえで処方してもらえるので、安心することができますが、しっかりと事実を伝えないと思わぬ副作用が生じてしまい、重篤な状態になることがあるため注意が必要です。
服用している薬がある場合も、併用注意となるものかどうか確認する必要があるので、初めて処方してもらう場合はお薬手帳を持参するとスムーズに処方してもらうことができます。
なおバイアグラは男性のED治療薬であり、女性は服用することができません。
パートナーとともに服用したいと考えても、女性が服用することは禁止されているので、そのような行為はしないようにします。
京都の泌尿器科ではバイアグラのジェネリックを勧めてくることがあります。
ジェネリック医薬品は様々なメーカーから販売されており、正規薬に比べると安価で購入することができます。
日本製のものは安心して服用することができますが、海外製のものは偽薬の可能性もあるので、必ず医療機関から購入することが大切です。

40歳から70歳の男性の内約半数以上が何らかの原因によってEDになっているバイアグラは大変強い効果を示し、副作用も比較的少ない必ず医療機関から購入することが大切です